住み継ぐ家

こちらの福岡宗像市のお客様とのおつき合いは三十数年前、隣家の工事中に木の専門家である今は亡きご主人が、「いい仕事をしている。うちもお願いできないか」と言っていただいてのこと。

その時修復した蔵もしっかり現役です。

もともとあった母屋の雨戸の戸袋は当時腕利きの職人が100日かけたとの逸話も残っています。鷹巣工務店もこの仕事ぶりには感服!

土塀の温かみやその家に昔からある不思議な形の花台を今も素敵に活かしていらっしゃる施主の心にも触れました。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Google+ Social Icon